女の人

アフターケアもしっかりと

医者

施術箇所を刺激しない

シワを伸ばす効果が注射一本の施術で簡単に得られるボトックス注射は、加齢で出来てしまったシワを伸ばしたい方やおでこなどに出来ているシワを伸ばしたい方から人気です。年齢に関係なく表情筋にシワができている場合や、シワの癖が出来てしまっている部分にも効果があります。また、シワ伸ばし以外の効果としてはエラが張っているフェイスラインにボトックス注射を行う事で小顔になる効果が得られます。ふくらはぎをほっそりとさせる効果もあり、多汗症の緩和など体の様々な悩みに対応しているので便利です。施術を申し込む際は、どの部分にボトックス注射を行いたいのか、担当する医師と相談して行うとイメージに近い仕上がりになります。ボトックス注射の効果が続くのは半年が目安なので、シワ伸ばしの場合は、施術を行うことによって以前と表情筋の動きが異なるように感じる場合でも、徐々に元の表情に戻ります。どの部分にボトックス注射を行う場合でも、注射してから数日間は施術部分に刺激を与えないように気をつける事が大切です。触りすぎたりこすったりすると、注射針を刺した箇所にばい菌が入りやすくなるので気をつける必要があります。施術後にシャワーを浴びたり洗顔をしたりすることは可能ですが、洗う際にこすり過ぎないように注意すると安心です。温度の高いお風呂に入浴すると施術箇所に刺激が出る可能性もあるので、施術後数日間はシャワーのみにします。アフターケアを行わなくてはいけない施術の場合は、不調がない場合でもケアの期日までに施術をした医者に診てもらう事になります。小顔になるためにフェイスラインにボトックス注射を行った場合は、噛み合わせに変化が出来たように感じる事がありますが、次第に慣れてくるので、ゆっくり食事をしたり噛みにくいものは避けて食事をしたりするなど工夫をすると生活しやすくなります。施術した直後に風邪などを引いてしまった場合には、飲み薬を飲む前に担当した医師に飲みたい薬の種類を伝えて確認しておく安心です。半年以上すぎると、どの部分の施術でも効果がなくなってくるので、効果を持続したい場合は新たにボトックス注射を行う必要があります。